ホウ砂に吹かれて

コンサータ72mg男が書きたいことを書きたいときに書くブログ

就職活動でフィルターかけるなんてお互い様でしょ

toyokeizai.net

 

heteml

 

出ました、学歴フィルター。

どうも、こんばんは。ノロい人です。

就職活動についてまわる問題ですよネ。

 

 僕の場合、駅弁大学の大学院出身なんですけど、

そこまで学歴フィルターなるものは感じませんでした。

 

ただその代わり、

学歴じゃなくてもフィルターがかかっているな、

と感じることはありました。

 

たとえば、僕の所属していた研究室だけが対象だった、

研究室OBによる会社説明があったんですけれど、

(もうこの時点でフィルターですよネ)

そこの会社の工場見学の案内メールが僕よりも

友人の方が先に来ていたということがありました。

(きっと、僕よりもその友人の方がOBにとっては

好印象だったのでしょう)

 

あと、大学の食堂で行われた企業説明会に出展していた

とある企業は、とりあえず説明会にやってきた学生全員に

説明はするんですけど、僕の大学から履歴書とか

エントリーシートを送った学生の中で、

僕の所属していた研究室の学生だけを

面接まで通過させるということをしていました。

教授の「ツテ」ってやつです。

(その企業の言い分としては「説明会での話を聴く

態度が良かった」とか「履歴書・エントリーシート

内容が優れていた」ということでした。

今思うと、シラジラしいですネ)

 

というカンジで、

就活生は「学歴」に限らずいろんな

「フィルター」をかけられている

ワケなんですけど、

まあ、しょうがないと思います。

就活生が殺到する企業からしてみれば、

応募してきた就活生なんて

「掃いて捨てられるほど」

いる訳なんですから。

 

反対に就活生の側からしても同じ話で、

就活生を募集している企業の数なんて

「掃いて捨てるほど」

ある訳ですから、どうしても大企業に

集まるわけです。

(僕の会社にはなかなか学生さんが会社説明会

とか面接に集まってきてはくれません。

内定出しても辞退されているようです)

 

僕自身振り返っても、東証一部の

企業ばっかり受けていました。

結局「東証一部」の企業からは

内定なんか出なかったワケで、

その中のとある企業の同業他社に

入ること(ハメ)になりました。

(そして、現在発達障害メンタルの薬を

飲みながらどうにかこうにか働いているワケです)

 

てな訳で、

企業は「学歴フィルター」、

学生は「大企業(東証一部)フィルター」を

はじめとして、いろんなフィルターを

お互いにかけているわけですから、

お互い様ってことです。

お互い様。

(大事なことなので二回言いました。

難しい言葉を使うと、情報の不確実性だか非対称性だか

忘れたんですけど、そんなところなんですよね?)

 

いやしかし、

「マイページから説明会の予約が全く取れないが、他の大学の子は取れると言っていたとき」同志社大学、文系) 

 って、同志社大学でも学歴フィルターではじかれるんですネ。

少し驚きました。

 

 

と、ここまでいろいろ書いてきたわけなんですが、

僕にとって、就職活動なんて遠い昔の出来事なんですけど、

今回紹介した記事を見て、いろいろと思いだしたもんですから、

取り上げてみました。

 

それでは、また次の更新でお会いしましょう!

 

 

 

 

就活情報