ホウ砂に吹かれて

コンサータ72mg男が書きたいことを書きたいときに書くブログ

2017東日本学校吹奏楽大会高等学校の部を聴きに行った話

寒さと雨の続く中、いかがお過ごしでしょうか?

ノロい人です。

10/15は東日本学校吹奏楽大会の高等学校の部を

観賞しに宇都宮市文化会館まで行ってきました。

 

 

 東日本学校吹奏楽大会というのは、その名の通り、

東日本の各支部を突破した30人以下の小編成

(B部門)による吹奏楽の大会です。

余談ですが、一方55人(高等学校A部門)が

上限の大会は全日本吹奏楽コンクールといい、

こちらは全国の支部を勝ち抜いた吹奏楽部が

参加します。通称、全国大会ってやつです。

ちなみに、参加している東日本の支部というは、

北海道・東北・東関東・西関東・東京・北陸に

なります。

東海以西の支部は参加しておらず、西日本の

小編成も参加してもらえれば、小編成の全国大会

が出来るのに…と思うのですが、西日本が参加

しないのは、まぁ、いろいろあるようです。

 

https://twitter.com/42164949hata/status/769846942293643268

 

wpX(ダブリューピーエックス)

 

話が脱線しました。

そんなわけで、宇都宮まで聴きに行ったのですが、

さすが各支部を突破してきただけあって、実力が

高いんだな、と思わされる演奏が続きました。

(小編成部門の特徴か、ソロを生かした選曲が

目立っていた印象です)

その中でも、(語弊がありますが)個人的に

A部門でも通用しそうだな、と思った演奏が

ありましたので、ここで取り上げてみたいと

思います。

 

7 .東関東代表 千葉県 銚子市立銚子高等学校
曲目:飛龍の鵠(樽屋雅徳) 

まず、こちらのバンドは出だしの音から

本格的なサウンドがしました。

指揮者本人が作曲した曲を取り上げた、

「自作自演」ということで、指揮者の

こだわりがきちんと演奏に反映されており、

終始引き込まれました。文句なしの金賞でした。

ぶっちゃけ、僕は樽屋氏の作品はあまり好きでは
ないのですが、演奏の素晴らしさについ即売CDを
購入してしまいました。どこか負けた気分がします。

 

16 西関東 埼玉県 埼玉県立滑川総合高等学校
曲目:「三つのジャポニスム」コンポーザーズ・エディション(真島俊夫

演奏順序を入れ替え、「雪の川」から演奏が始まりましたが、

透明感のあるサウンドで演奏に引き込まれ、導入の魅せ方

としては巧いと思いました。

(作曲者の真島氏は入れ替えて演奏されるのを嫌がっていた

という噂もあるのですが…)

その後の「鶴が舞う」「祭り」でもバランスの良いサウンドで、

音楽的な盛り上がりもしっかりと表現された好演でした。

結果は惜しくも銀賞でしたが、個人的には金賞と思った演奏です。

 

17 東関東 千葉県 聖徳大学附属女子中学校・高等学校
曲目:歌劇「子供と魔法」より(M.ラヴェル/檜貝道郎)

この学校は昨年A部門で出場しており、自由曲でも

この曲を取り上げていました。

昨年の演奏の時とは編成も若干変わり、

それに伴ってサウンドも変わったな、という

印象でしたが、演奏の内容としては昨年よりも

表現に深みが増したように感じました。

上限30人で出てくるバンドが多い中、

このバンドは19人と少ない方の人数でしたが、

一人一人の技術がしっかりしていたため、

サウンドに物足りなさを感じることはなく、

安心して聴いていられる演奏でした。

結果も納得の金賞です。

(昨年の聖徳女子さんについて取り上げた

エントリはこちらになります↓↓↓)

hebo-chan.hatenablog.com

 

ラブライブ!コラボキャンペーン

 

大会全体の結果はこちらをご覧ください↓↓↓

 

【GMOクラウド ALTUS】

 

今回初めて東日本学校吹奏楽大会を聴きに行ったわけですが、

支部を突破してきただけあってどこもレベルの高い演奏を

披露していた一方で、物足りなさを感じるかな、と思った点も

ありました。

それはまず、少人数によるものではないと思うのですが、

合奏のバランスが気になる、という点です。

特に、木管楽器が弱いという印象を受ける団体が目立ちました。

ソロではしっかり楽器が鳴っているだけに、合奏になると

あれ?あれ?という音がすると、惜しいなという風に

思ってしまいます。

また、曲を演奏していく中で、特に聴き慣れた曲だと

「ここはもっとこうしてほしいんだけどなぁ~」なんて

いう感想を持った演奏も散見されました。

(例えば、

「ここはもっとクレッシェンドがグググっと来てほしい」とか

「連符がクリアに聞こえれば効果的だったのになぁ」とか)

この点については、指揮者の先生は僕なんかよりもずっと

曲に対する造詣が深いかと思いますので、先生方がもっと

演奏に「こだわり」を反映させていってほしいな、なんて

偉そうに思ってしまいました。

 

ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]

 

ということで、今回は長くなってしまいましたが、

大会に関する感想を書くことが出来たので、

スッキリしました。

また音楽を聴きに行った際には、感想をここに

書いていきたいと思います。

それではまたお会いしましょう!

See you again !

 

 

 

 

吹奏楽コンクール関連エントリ】

hebo-chan.hatenablog.com

hebo-chan.hatenablog.com

hebo-chan.hatenablog.com