ホウ砂に吹かれて

コンサータ72mg男が書きたいことを書きたいときに書くブログ

保守雑誌感想文【2019年2月】

 

日頃より大変お世話になり、誠にありがとうございます。

わたくし、はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやらせていただいております、ノロい人と申します。

早速ではございますが、今回のエントリは月に一度の保守雑誌感想文になります。

どうか、最後までお付き合いいただけましたら、幸いでございます。

 

気韻生動

今月号の保守雑誌のテーマは“気韻生動”です。

“気韻生動”とは、絵や書などで気品が生き生きと感じられること、という意味なのだそうです。

まぁ、これを絵や書といった芸術だけではなく、人間にも当てはめるわけですが、では人間の気韻はどのようにして生じるのでしょうか。

伊藤仁斎という人物の言葉を借りると、「勇往向前、一日は一日より新たならんことを欲す」、つまり、人は昨日より今日、今日より明日と勇気をふるって日々新たに成長していくことが大事と教えているのです。

こういった、先哲の言葉を糧に、気韻生動の人生へ一歩を踏み出していきたいものです。

 

伊藤仁斎「童子問」に学ぶ

新品価格
¥1,944から
(2019/2/15 22:39時点)

ブラスニカ会長 ジャナウバ元市長 山田勇次氏 インタビュー記事より

―よき運に恵まれる秘訣については、どう思われますか。
山田 まずは自分の仕事を好きにならなくちゃいけない。真剣さや情熱は不可欠です。 

よき運に恵まれたいというのは誰しも思うところですが、「自分の仕事が好きだ」とためらわずに言える人はどれくらいいるのでしょうか。少なくとも僕は言えません。今日も「これって私の仕事なんですかね?」と周囲に愚痴りながら仕事をしてきました。これって運をみすみす逃す言動なのでしょうか。気を付けたいものです。

 

農口尚彦研究所 杜氏 農口尚彦氏 インタビュー記事より

農口 (略)私はいま、これまで経験したことを七名の若者に教えとるんですけどね、最終的には本人の吸収する意欲こそが大事で、意欲のない者を育てることは絶対にできない。大きな夢を持った人にして初めて育つんですね。人は育てるんじゃない、育つんだと思います。 

そうなんですよね。意欲って人間の成長スピードを大きく左右するんです。

でもね、教育関係の仕事してる知人が「教育に携わる者が『育つ』って自動詞を使っちゃいけない。」って言っていたのを思い出して、ちょっと僕は反発心を覚えたんです。

そこで敢えて、人は育てるんじゃなくて、育つモンだっておっしゃるってことは、杜氏の世界ってそういうところなんだナァ、って。厳しい世界です。

 

【ふるさと納税】120001. 農口尚彦 酒造り70周年記念edition 6本木箱セット

価格:120,000円
(2019/2/15 22:42時点)
感想(0件)

 

以上、2019年2月号の保守雑誌感想文はここまでにしたいと思います。

最後までお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

ではまた、次回お会いできるのを楽しみにしております!

 

公害防止管理者等資格認定講習を受講した結果

 

昨年(2018年)の12月に公害防止管理者資格認定講習を受講していたのですが、その結果が本日職場まで届きまして、なんとか水質1種を取ることが出来ました。

正直なところ、ホッとしております。

会社のカネで受けに行きましたので、ダメだったら針のムシロとなるところでした。

資格取得の証拠に画像と呟きをあげておきます。

 

f:id:hebo-chan:20190214231753j:plain

 

 

今回はこれだけです。次回またお会いしましょう!

 

 

【あわせて読んでいただきたい】

hebo-chan.hatenablog.com

hebo-chan.hatenablog.com

 

 

SURTECH2019(とその併催展示会)に行ってきたョ!

 

f:id:hebo-chan:20190205204728j:plain

 

早速ではございますが、去る平成31年2月1日にSURTECH2019表面技術要素展(とその併催展示会)に行ってきましたので、今回のエントリではそのことについて、触れていきたいと思います。

今回もどうか最後までお付き合いいただけましたら、嬉しい限りです。

 

出展について

日本パーカライジンググループ

日本パーカライジンググループさんはSURTECH2019と新機能性材料展2019の両方に出展されていました。

日本パーカライジンググループ~SURTECH2019
  • アルミ―樹脂接合強化処理
    表面積増大・アンカー効果により接合強度向上が可能、展伸材・ダイカスト材で高い引張せん断強度が得られる、nm~数十μm領域の粗面化が可能、粗面化+化成処理により、耐久性向上が可能、という特長があるとのこと。
  • 自己析出型コーティングPALMIC
    狭い隙間・エッジ部分の付き回り性が良好、化学反応する部分にのみ選択的にコーティング、電気エネルギーをしない水系薬剤、ということで、精密モータ、電子・電機精密部品の鉄素材部分の絶縁に推奨される用途のコーティングとのこと。
日本パーカライジング~新機能性材料展2019
  • 防錆ワックス RUSTOP
    愛車をさびから守る防錆ワックスということで、特長として、車体に塗るだけで、簡単に防錆可能、他者と比較しても圧倒的な防錆性能、すでにさびている箇所もさびの進行を防ぐとのこと。
  • 防錆梱包材 PIPAK
    フィルム上の防錆梱包材で、防錆メカニズムとしては、フィルムに含まれる防錆成分が気化して、防錆成分がさびの要因に溶け込み、部品をさびから守るというものでした。気化性防錆成分によりさびの要因をシャットアウトする点と梱包が簡単で、様々な形状・サイズに対応している点が特徴的でした。

信越化学工業株式会社~nanotech2019

信越化学工業株式会社さんは言わずと知れたケイ素化合物のリーディングカンパニーさんですネ。新製品についていくつか紹介されていました。

  • シリコーン樹脂材料
    こちらは凝集していないシリカ球状微粒子の分散液になります。UV硬化性に優れ、耐摩耗性に優れた効果被膜を形成するとのこと。
  • シランカップリング剤
    こちらは数点紹介されており、共通する点としては様々な樹脂の相溶性、密着性向上が期待されるという点です。シランカップリング剤の官能基によって、発揮される性能がそれぞれあることから、従来のシランカップリング剤で解決できなかった課題もこれら新製品の効果で解決できる…かもしれません。

ユケン工業株式会社~SURTECH2019

  • メタスMDS
    こちらは各種金属素材の絶縁防食コーティングということで、軽量化素材(アルミニウム、CFRP)対応、絶縁性被膜による電食防止、表面調整や化成処理と言った工程短縮が特長となっているとのこと。浸漬、スプレーやハケ塗りといった各種コーティング方法が可能。
  • メタスYFA-CFH
    説明してくださった技術者の方によると、コバルトフリー化成処理剤ということで、元素としてのコバルトが使いにくくなる趨勢に先回りして対応して開発した技術とのことでした。コバルトフリーにもかかわらず安定した高耐食を実現というのは、流石の技術力と言わざるを得ません。

横浜油脂工業株式会社~新機能性材料展2019

  • “表面機能化処理剤”HDM-1
    こちらの薬液は常温で浸漬処理するだけで、金属の濡れ性を大幅に向上することが出来るだけでなく、洗浄も同時に完了させることが出来るものになります。適用対象としては、銅、アルミ、鉄、ニッケル、ステンレス、各種めっきなど様々な金属面に利用可能とのことでした。濡れ性向上により得られる利点としては、すなわち表面接触角を下げることで、樹脂・コート剤・めっきの密着性やエッチングなどを含む均一性を改善させることが期待できるということで、水系の簡単な処理でこういったことが達成できるというのは、非常に便利なのではないでしょうか。

 

平成30年度(第29回)表団協セミナーについて

自動車部品における表面処理技術の動向と課題 株式会社デンソー 菅原博好氏

トライボロジーやDLCなどに関する内容の講演でした。
前半部分では軽油中の各種コーティングの耐摩耗性(軽油中の耐摩耗性は硬さだけでは整理しきれない)や耐摩耗メカニズム(軽油成分とCrNのトライボ反応による凝着抑制)などのデータについて説明されました。
また、後半では尿素水によるDLC剥離メカニズムから(基材―DLC間の)中間層材料の選定、中間層の解析→中間層の改良といった貴重な開発研究の話を聞くことが出来ました。

自動車塗装工程のが異様とその課題への対応 トヨタ自動車株式会社 柴田浩行氏

こちらの講演では、普段なかなか知ることの出来ない自動車ボディの塗装について知ることが出来ました。その中で、いかに工程を短くするか、省エネルギーを達成するか、というお話が中心でした。例えば、塗装を自動化するだけでなく、いかにロボットを動かさずに塗装するかやロボットを減らして塗装するかということがダイレクトに工程の長さに関わってくるというのです。
そういった様々な積み重ねの結果、設備容積としては従来比40%削減、二酸化炭素排出量としては32%削減することが出来たとのことです。

 

 

以上、お伝えしきれなかった点もありましたが、実際行ってみて勉強になる点が多々あった展示会&セミナーでした。

今回はここまでとさせていただきます。

次回またお会いしましょう!

See you again!

 

保守雑誌感想文【2019年1月】

 

平素より大変お世話になっております。

わたくし、はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやらせていただいております、ノロい人と申します。

今回のエントリは月に一度の保守雑誌感想文になります。

どうか、最後までお付き合いいただけましたら、幸いでございます。

2019年1月号ということですが、いつの間にか2月になってしまいました。。。

 

日本の進むべき道―櫻井よしこ氏と中西輝政氏の対談より

今回の保守雑誌のテーマは“国家百年の計”ということで、日本はどうあるべきかという内容が多かったのですが、保守雑誌だけに保守系の論客の意見が多く、個人的には「う~ん」と思ったりした点もありましたが、その一方で勉強不足の僕にはよい刺激となったところも多々ありました。

この対談記事についてもその通りで、米中対立、中東情勢、NATOの先行き、ドイツとロシア(というかメルケル氏とプーチン氏)の関係性などのお話は普段ニュースや新聞に関心の薄い僕には非常に勉強になりました。

また、中西氏の「財政再建はズルズルとやるモンじゃない」というお話は興味深く読ませてもらいました。先日、イギリスのメイ首相が緊縮財政が終わったことを宣言されていたそうですが(これも僕は知りませんでした)、「イギリスは6~7年で財政再建を成し遂げたのに日本はいつまでかかってんだよ」というのが僕の正直な感想です。
(イギリスと日本では状況が異なるところが多々あるんだから、単純に比較するモンじゃない、というお叱りはあるかと思いますが、日本が抱えている課題をイギリスは実際に解決したという事実がある訳ですから、そこは認めなければいけないと思うんです)

それに対して、櫻井氏は緊縮財政を乗り切るための方策(社会保障や高校無償化について言及されていました)をいくつか提案されており、それに対して、賛成・反対はあるかと思いますが、こういったことをどれだけの人が真剣に考えているのかな、って。政治家ですらちゃんと考えてないんじゃないのかな?

 

日本の教育について―野口芳宏氏と占部賢志氏の対談より

この記事に関しては重箱の隅をつついてみようかと。

占部 いじめ問題がこれだけ多発するのは、どこに原因があるのか。答えは簡単で、いじめる子を叩き直さないから問題が深刻化するんですね。いじめられる子のケアばかり考えても何も解決しない。そのところを指摘すると、皆ハッとするわけです。 

僕のような人間が教育のプロフェッショナルの方に対して意見するのは、おこがましいのは重々承知しておりますが、僕が考える“いじめ”というのは、「いじめられやすい子」は確かにいますが、それだけではなく「仕組み」で起こっている側面もあると考えていて、即ちいじめる・いじめられるの関係性が流動的であることも十分にあり得るわけで、そういったことを考えると、「いじめる子を叩き直す」ことよりも「いじめが起きにくくなる仕組み作り」の方に力を入れた方が効果的なのでは?と思った次第です。

【参考文献】

ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)

新品価格
¥842から
(2019/2/3 20:51時点)

野口 (略)私たちの生活は国家によって支えられています。国を失えば生活も人権もないわけですから、国家を愛する心は当然必要です。この根本を忘れて個人の権利や個性ばかりが尊ばれる風潮はやはり異常です。
 最近では指導要領で「多様性」ということを言い出しました。子供たちが皆それぞれに個性ばかり主張し始めたら教育は滅茶苦茶になってしまうのに、これは一体何たることかと。私は教育に長年携わってきて根本的に大事なことは、多様性ではなく、基本の受容だと思うようになりなした。親の言うこと、先生の言うことを真剣に聞いて受け容れる。もし、その教えが間違っていたのなら、「ああ、あれは間違っていたんだ」と直せばいいのです。 

どっから、ツッコミを入れましょうかね?(才能ナシの俳句に添削を入れる夏井いつき先生の気分です)

問題が3つほどあるように感じますが、まずは1つめ。
ノロい人「私たちの生活は私たち自身の自立によって支えられています。私たち自身の自立なくして国家も社会もないわけですから、人権や個性の尊重は当然必要です。この根本を忘れて国家や社会ばかりが優先される風潮はやはり異常です。」

2つめ。
僕自身、発達障害性的少数者という事情を抱えて、生きています。この方はこの方なりの意見はあるのでしょうが、僕はそれでも自分の生きづらさを少しでも軽くするために、「多様性」の尊重を訴えていきたいと考えています。また、子供たちが個性を主張しはじめたら滅茶苦茶になるらしいのですが、教育者の立場たる者であれば、個性は主張するものではなくて、尊重するものという認識は持てませんか?計算が速い子、運動が得意な子、歌が上手な子、絵心がある子、掃除が丁寧な子、心優しい子、などなど、こういった個性はいちいち主張するものではありませんよ?教育者を初めとするオトナが見出して尊重して伸ばすお手伝いをするという発想になりませんか?

3つめ。
子供は幼ければ幼いほど、自分が受ける教育をコントロール出来る範囲が狭い(選べない)分、親や先生の言うことが人間形成や教養の土台になると思うのですが、その教えが間違っていた場合の責任の大きさは計り知れないものだと思うのですが。。。
ある程度の年齢になったときに、親や先生の教えが間違っていたことに気づけて、修正がきくというのは、どこかで「まっとうな教育を受ける機会」が「たまたま」有っただけの話で、その「まっとうな教育を受ける機会」ってどうやってオトナが提供するんでしょう?「たまたま」に頼るわけにもいきませんしね。。。

 

以上、2019年1月号の保守雑誌感想文はここまでにしたいと思います。

最後までお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

ではまた、次回お会いできるのを楽しみにしております!

 

全社員の前で「宴も高輪ゲートウェイ」を使ってみた話

 

先日、僕の会社では全社員での新年会が催されました。

 

 

代表取締役や各役員の挨拶やビンゴゲーム大会などやったりしたわけですが、料理が一通り出終わった後、総務の部長が僕のところに近づいてきてこう言ってきたのです。

 

「ねぇ、この後締めの挨拶を工場長にやってもらうんだけど、その前にノロい人君さ、『宴も高輪・・・』なんだっけ?、まぁいいや、アレ言ってよ!でも、絶対に噛んじゃダメだからネ!

 

何というパワハラでしょう。

僕も「部長、自分で言ったらどうですか?」と返せばよかったのですが、僕は残念ながら、気の弱い礼儀正しい性格のため、そんなことは言えませんでした。

しかしながら、僕にも落ち度?があり、有志の飲み会で泥酔した勢いで、「宴も高輪プリンスホテル」や「高輪ゲートウェイ」などを乱発した前科があったので、僕も悪いっちゃ悪いのですが。

 

 

ということで、意を決してやりました。

 

「みなさま、ご着席願います。ここでワタクシが出てきますのも、甚だ千円札(僭越)ながら、宴も高輪ではございますが、そろそろゲートウェイのお時間でございますので、ここでXX工場長から締めのご挨拶を頂戴したいと思います」

 

酔いも入っており、なんだかメチャクチャですが、何とか噛まずに言えたという記憶だけはあります(そのほかの記憶はありません)。発言の内容は大変フザケていますが、言っている本人はメチャクチャ緊張しているのです。

後から聞いた話では、室長(社長の息子)の一派を中心に、あたかもサッカーの試合で点が入ったかのような盛り上がりを見せたという話で、少なくともスベってはいなかったということで何とか救われました。

入社1年目の後輩君にはダジャレ好きなオッサンだと思われてしまいましたが。

 

 

ということで、皆様も機会がありましたら、是非是非「宴も高輪プリンスホテル」とか「ゲートウェイ」と言ってみましょう。「宴もタケナワではございますが…」なんて言ってしまうとつまんない人認定されてしまうかもしれませんよ?

今回は以上です。またお会いしましょう!

 

www.fumu.in

 

スゴイ!と言わせる 乾杯・献杯・中締めのあいさつ―いざという時そのまま使える (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

新品価格
¥18,688から
(2019/1/22 20:20時点)

ウケる人、スベる人の話し方

新品価格
¥1,512から
(2019/1/22 20:23時点)