ホウ砂に吹かれて

コンサータ72mg男が書きたいことを書きたいときに書くブログ

会社への不満を自覚出来ないという無気力

 

 

日頃より大変お世話になっております。

はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、

ノロい人でございます。

つい先ほど、外を歩いていた時の話なのですが、

「もしかして、自分って無気力なのかな?」なんて急に

思ってしまった、ということがあったので、今回は

そのことについて書いていきたいと思います。

 

 

何で自分のことを無気力と思ってしまったのかというと、

会社に対する不満が思いつかない(!)からなんです。

別に今の会社に満足しているわけでもないんです。

例えば、うちの会社の社長だったり、部長クラス以上の

方と話をしていると、「何か会社に対する不満はないのか?」って

言われることがあるんですけど、それを訊かれると頭の中が

真っ白になってしまうんです。

それで、「ないです」とか言っちゃうんですけど、

話が終わって、改めて一人で考えてみると、やっぱり思いつかないんです。

 

でも、年齢の近い社員同士でしゃべっていると、相手がいろいろと

会社への不満をぶちまけてくるので、そこで初めて「そうだ!」って

なるんです。

例えば、

「給料が安い」とか

「休日の現場作業の時給が安い」とか

「有給休暇が取りにくい」とか

「月曜日に休みが取れないのはおかしい」とか

「上役が気に食わない」とか

人と話してると出てるんですけど、他人に言われて初めて気づくんです。

要は、「自分で自分の不満を自覚できていない」ってことなんです。

 

心が折れる職場 (日経プレミアシリーズ)

新品価格
¥900から
(2017/11/29 22:12時点)

↑↑↑

以前にも紹介した本になりますが、この『心が折れる職場』っていう本に、

こんなことが書いてあったと思い出しました。

 恐ろしいもので、無気力は怒りよりも組織の活力を失わせていきます。怒るというのは、なにかしら対象に対して期待を抱いていて、それが裏切られたという感情ですが、無気力は、もはや期待などまったくしていないという状態だからです。 

会話の中で不満をぶちまけてくる人たちを「怒り」の状態にあるとすると、

不満が自覚できていない僕は「無気力」の状態にあるんじゃないかと

思えてきたんです。

決して良いことではないのは確かです。

 

 

ということで、この状態から抜け出した方がよいという風には思っているので、

とりあえず色んな人と話してみて、自分の不満を自覚することから始めて

いかないといけないと、思った次第でございます。

 

今回は(も?)内容が薄くなってしまいましたが、ここまでにしたいと

思います。

ここまで付き合ってくださった皆様、ありがとうございました。

それではまた、お会いしましょう!

 

【『心が折れる職場』を取り上げたエントリ】

hebo-chan.hatenablog.com

 

【その他関連してそうなエントリ】

hebo-chan.hatenablog.com

hebo-chan.hatenablog.com

 

 

余所様のお子さんに構ってはいけない話

 

 

いつも大変お世話になっております。

はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、

ノロい人でございます。

今回は会社の上司から聞かされた話を書いていきたいと思います。

 

 

その上司(40代前半)が近所のオジさんと外で立ち話をしていたときに、

目の前で余所様のお子さんが転んだ時に、助けて起こそうとした際に、

立ち話をしていたオジさんからこんなことを言われたといいます。

「子供に触っちゃダメ!」

 

上司からその話を聞かされた時に、僕は何で子どもに触っちゃダメなのかが

よく分からなかったのですが、さらに立ち話をしていたオジさんからこんなことを

言われたといいます。

「不用意に子供に関わると、『あの人に転ばされた』とか言い出すかも知れないから、

助けてやりたい気持ちは分かるが、下手に子供に触ってはいけない」

という趣旨の話だったようです。

 

正直なところ、僕はその手の話を初めて聞いたので、少し驚きました。

世知辛い世の中になってしまったものです。

20年近く前の話になりますが、僕が小学校のころ、自転車に乗れるか乗れないか

ぐらいの時に、自転車に乗っていて派手に転んだ際、そばを通りがかった若い

カップルに「大丈夫?」と声をかけてもらって、助けてもらった記憶があります。

成人してから何年も経った今でも、そのことは覚えていますし、逆に自分の

目の前で子どもが転んだり、困っていたら、助けてやるのが大人として当然と

考えていました。

しかし、最近はそういう時代ではないようです。

 

この話をほかの既婚子持ちの先輩・上司社員にしたところ、

「ああ、そうなんだよネ~『ウチはそういう教育方針じゃないんです』とか

怒ってくるモンスターペアレントがいるからネ~」

という方もいました。

一方、年下の若い社員にも聞いてみたところ、他人の子供に関わらない

のが普通だという意見も聞かれました。

どうやら僕の知らないところで、「余所様のお子さんに構ってはいけない」という

常識(?)は意外と浸透しているようです。

 

 

また、少し調べてみたら、ヤフー知恵袋にもこういった質問が寄せられていました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

こちらの回答をみると、やはりと言いますか、

「かかわらない」とか「一切無視する」という風に答えている方が多いです。

しかも、子どもへのかかわり方が中途半端だと、

「保護責任者遺棄罪」に問われるかもしれないという回答もありました。

 

ということで、余所様のお子さんへの関わり方って、難しいものがあるという

ことは今回、人の話を聞いたり、インターネットで調べてみて勉強になりました。

簡単には答えが出ない話なのでしょう。

 

今回はここまでになります。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

それではまた、お会いしましょう。

『名門の饗宴!』に収録されなかった名演たち【吹奏楽コンクール】

 

 

 

平素より大変お世話になっております。

はてなブログで、「ホウ砂に吹かれて」をやっております、

ノロい人でございます。

今回はまた吹奏楽コンクールの演奏の話題になります。

 

 

昨年ビクター社から出たCDで『名門の饗宴!』シリーズという

商品があるのですが、これはビクター社が全日本吹奏楽コンクール

CDを発売していた2000~2004年の演奏の中で、特に名演と言うべき

演奏を収録したものとなります。

↓↓↓

www.jvcmusic.co.jp

2000年~2004年ビクターが録音した全日本吹奏楽コンクール音源より、 現在も演奏され続ける名曲、独自の表現で聴衆の感動を呼んだ名演の数々。 そして、コンクール常連校の熱き演奏!を選出し最新技術でリマスタリング! 

全日本吹奏楽コンクール 名門の饗宴!

新品価格
¥1,200から
(2017/11/26 20:02時点)

確かにこれらの収録曲を見る限り、名演揃いだと思ったんですけど、

それと同時に収録されていない演奏にも「これだって名演なんだけどなぁ」と

思った演奏がいくつか思い浮かんだので、その演奏にも光を当てるべく、

今回紹介させていただきたいと思います。

 

 

2002年 一般の部 東京代表 創価グロリア吹奏楽団(指揮:佐川聖二)
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲より(M.ラヴェル/真島俊夫

この曲は吹奏楽コンクールで演奏され尽くしている曲なのですが、

学生とは違う大人の技術や表現を見せつける演奏でした。

特に、全員の踊りの迫力が凄まじく、こんなダフクロ(略称)は

僕が知る限りでは他にありません。

ちなみに、創価グロリア吹奏楽団はこのほかにも素晴らしい演奏を

されているんですけど、この『名門の饗宴!』シリーズには1曲も

収録されていないんです。なんかもったいない気がしますネ。

(残念ながら、演奏動画は見つかりませんでした)

 

全日本吹奏楽コンクール 名門の饗宴! 大学・職場・一般I

新品価格
¥1,800から
(2017/11/26 20:05時点)

 

2003年 高等学校の部 東海代表 愛知工業大学名電高等学校(指揮:桐田正章)
3つの交響的素描「海」よりIII. 風と海との対話(C.ドビュッシー/小久保大輔)

ドビュッシーの「海」も結構吹奏楽コンクールで演奏されている曲になりますが、

この年の名電の演奏は、オーボエが段違いに上手なんです(オーボエの上手さは

課題曲のウィナーズでも光っておりました)。

僕の知る限り、これよりも素晴らしい「海」はコンクールではないと思うのですが、

何故か『名門の饗宴!』には収録されていませんでした。

それどころか、先ほどの創価グロリア同様、名電も収録されている曲がありません。

残念ですネ。

www.youtube.com

 

全日本吹奏楽コンクール 名門の饗宴!高校I

新品価格
¥1,800から
(2017/11/26 20:09時点)

 

 2002年 高等学校の部 東関東代表 常総学院高等学校(指揮:本図智夫)
「スペイン狂詩曲」よりIV. 祭り(M.ラヴェル/本図智夫)

2002年は「スペイン狂詩曲」を取り上げる団体が何故か非常に多く

各団体でそれぞれ個性が出ていましたが、その中でも常総学院

非常に音楽に推進力があり、細かい音の動きもクリアに魅せる演奏でした。

2002年のスペイン狂詩曲は天理の演奏が『名門の饗宴!』に収録されて

いましたが、僕個人としては常総学院の演奏を推したいところです。

2002年の演奏が見つからなかったので、代わりに1989年の演奏を貼っておきます。

www.youtube.com

 

全日本吹奏楽コンクール 名門の饗宴! 高校編II

新品価格
¥2,233から
(2017/11/26 20:13時点)

 

2004年 高等学校の部 九州代表 精華女子高等学校(指揮:藤重佳久)
交響曲第3番よりI, III, IV(J.バーンズ)

こちらは銀賞だったんですけど、僕個人としては金賞でも良い演奏だと

思います。この団体の持ち前の迫力のあるサウンドが活きた演奏である一方、

中間部の緩やかな場面では非常に美しい表現を聴くことが出来ます。

2003年、スパークのダンス・ムーヴメントは収録されていたのですが、

こちらも併せて収録してほしいところでした。

www.youtube.com

 

全日本吹奏楽コンクール 名門の饗宴! 高校編III

新品価格
¥1,242から
(2017/11/26 20:14時点)

 

2003年 中学校の部 東京代表 羽村市立羽村第一中学校(指揮:玉井長武)
バレエ音楽シバの女王ベルキス」より
ソロモンの夢、戦いの踊り、狂宴の踊り(O.レスピーギ/小長谷宗一)

中学生離れした技術力・表現力でベルキスを演奏しています。

当時中学生だった僕は、CDを買って最初に聴いたときに感心した

記憶があります。特に、金管セクションが非常に堂々としており、

こういうベルキスは今後なかなか出てこないだろうな、と思ったものです。

www.youtube.com

 

全日本吹奏楽 名門の饗宴!中学編I

新品価格
¥2,484から
(2017/11/26 20:14時点)

 

 

ここまで、僕が個人的に名演だと思った演奏の中で、『名門の饗宴!』に

収録されないのはもったいない!と思った演奏を紹介してきました。

マチュアということで、吹奏楽クラシック音楽に造詣の深い方からすると、

まだまだだなぁ、と思うところもあるかもしれませんが、光を当てたいな、

という思いで今回このエントリで取り上げました。

 

ということで、今回はここまでになります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

それではまた、お会いしましょうネ!

 

 

吹奏楽の星 2017年度版 第65回全日本吹奏楽コンクール

価格:1,404円
(2017/11/26 20:20時点)
感想(0件)