ホウ砂に吹かれて

コンサータ72mg男が書きたいことを書きたいときに書くブログ

東京都吹奏楽コンクール1999大学の部CDレビュー

 

さて、早速ではございますが、某所で1999年の東京都吹奏楽コンクール大学の部のCDを入手しましたので、レビューをさせていただきたいと思います。
(なんか、全体的に音質が今ひとつな録音だったんですけどネ…)

 

f:id:hebo-chan:20190424154137j:plain

f:id:hebo-chan:20190424154132j:plain

 

 

1.青山学院大学学友会吹奏楽部(指揮・斎藤行)

課題曲:Ⅳ 行進曲「K点を越えて」(高橋伸哉)
自由曲:組曲ハムレット」より(ショスタコーヴィチ/斎藤行編)

朝一番(9:00~)の演奏だったようですが、それを感じさせない勢いと響きのある演奏です。特に課題曲の行進曲にあっては、金管セクションの歯切れのよい発音と明るい音色が印象的です。低音群のラインも非常にしっかりしていました。

自由曲はスケールの大きな演奏で、ショスタコーヴィチに相応しい演奏内容だったように思います。激しさ、熱さといった表現が特に優れており、聴衆に訴える力を十分に感じ取ることができました。表情豊かな熱さはこのバンドの持ち味といえるのではないでしょうか。—銅賞

 

2.駒澤大学吹奏楽部(指揮・上埜孝)

課題曲:Ⅲ 行進曲「エンブレムズ」(正門研一)
自由曲: コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ(P.ウィリアムズ/ネスティコ編)

課題曲は、行進曲の心得をおさえた、というようなマーチで突飛な表現は一切用いずに、オーソドックスなスタイルで演奏されている、という印象です。十分な推進力のある表現に、聴いていて気分が高揚する感覚さえおぼえたほどです。

自由曲は吹奏楽におけるジャズの定番曲を格好良く決めていました。僕自身、ジャズはそんなに好きでもなく、詳しくもないのですが、それでも各セクションのレベルの高さや、ジャズの型?を的確に捉えているのがわかりました。―銀賞

 

3.中央大学学友会文化連盟音楽研究会吹奏楽部(指揮・林紀人)

課題曲:Ⅳ 行進曲「K点を越えて」(高橋伸哉)
自由曲:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲より 夜明け、全員の踊り(ラヴェル/林紀人編)

若干前のめり気味ですが、ノリのよい課題曲。崩壊せずに最後まで通しきったのは指揮者の手腕によるところでしょうか。技術的にも全く乱れがなく、脱帽。

自由曲は吹奏楽コンクールにおいて非常に人気があり、多々演奏されてきた曲ではありますが、その中にあっても、的確なアナリーゼ(楽曲分析)と表現力で、この曲の持つ魅力が最大限に引き出されていたように感じます。全国大会までに各声部間のバランスやテクニカルな部分などの課題もあったでしょうが、それらを補ってあまりある素晴らしい演奏だったように思います。―金賞・代表

 

4.立正大学吹奏楽部(指揮・鈴木太志)

課題曲:Ⅲ 行進曲「エンブレムズ」(正門研一)
自由曲:交響詩「ローマの祭り」より Ⅰ.チルチェンセス、Ⅳ.主顕祭(レスピーギ/佐藤正人編)

このバンドの課題曲の特長として、勢いのあるマーチで、スケールの大きい音楽作りが挙げられると思います。おのおののメロディーの果たす役割もはっきりとわかりやすく、この曲の意図するところがよく表現できていたのではないでしょうか。

自由曲は演奏に華やかさが感じられるのかとても良かったと思います。中でも、トランペット・セクションが伸びやかに吹いている情景(様子)が浮かぶようで、この点が演奏を魅力的にしていたと思います。演奏の全体的な印象としてはおおらかで、若さのある勢いとノリの良さが「祭り」という主題に見事にマッチングしていました。―銅賞

 

トップ営業の手法に学ぶ 新時代の吹奏楽指導法

新品価格
¥1,944から
(2019/4/24 17:08時点)

5.亜細亜大学吹奏楽団(指揮・小倉啓介)

課題曲:Ⅳ 行進曲「K点を越えて」(高橋伸哉)
自由曲:バレエ音楽くるみ割り人形」より 情景、冬の松林、終曲、アポテオーズ(チャイコフスキー/小倉啓介編)

特に課題曲がマーチだと、(下位の大会になればなるほど)概してメロディーの処理の仕方が雑になるのですが、この演奏はその点丁寧に歌っているのが印象的でした。ドライブ感あふれる一方で、音楽の流れが非常に自然でした。指揮者が適切に音楽をリードしていることがうかがえます。

自由曲は課題曲以上に、息の長いフレーズをたっぷりと丁寧に良く歌っているのが印象的でした。トゥッティのサウンドも広がりがあり、なおかつバランスが良く、このバンドの持つ洗練された美しいサウンドが余すところなく発揮されていたように感じます。―金賞・代表

 

最強! 大阪桐蔭高校吹奏楽部

新品価格
¥1,296から
(2019/4/24 17:13時点)

6.創価大学吹奏楽部(指揮・佐川聖二)

課題曲:Ⅰ マーチ・グリーン・フォレスト(内藤淳一)
自由曲:「スペイン奇想曲」より Ⅰ,Ⅱ,Ⅳ,Ⅴ(R=コルサコフ/瀬尾宗利編)

少々アップテンポの課題曲で、推進力があります。音楽の方向性が常に前向きで、フレーズや旋律が若々しく感じられます(演奏者の自発性によるものでしょうか)。一言で表すならば、華のある演奏。勢いの良さが始終心地よかったです。

自由曲も熱量の高さが感じられました。このバンドの特長は音楽から熱量を見い出し、その熱量をそのまま表現できるところにあるのではないのでしょうか。2楽章のホルンは良く吹ききりました。素晴らしかったです。ラストの盛り上がりはご愛敬。個人的に満足のいくスペイン奇想曲でした。―銀賞

 

 

今回のエントリは以上になります。

吹奏楽コンクール厨房の方も、そうでない方も、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

それでは、またお会いしましょう!

 

ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2019

新品価格
¥2,800から
(2019/4/24 17:07時点)

ノロい人の”平成”

 

 

今週のお題「平成を振り返る」

 

駆け込みで昭和に産まれてしまった僕ではありますが、平成にあった嬉しかったこと、面白くなかったことをお題をきっかけに振り返ってみようかと思います。

 

平成13年 吹奏楽コンクールに初めて出場する

この年に中学校に入学して、吹奏楽コンクールに初めて出場しました。
吹奏楽が盛んな中学校ではなかったので、Bクラスの部(課題曲を演奏せず、県大会までで終わりの部)での出場でした。
自由曲はチャンスの『呪文と踊り』でリズムが解らず、3年生の先輩にメトロノームを鳴らしながら、手をたたいてリズムを教えてもらった記憶があります。
結果は県大会で金賞をでしたが、惜しくも2位で最優秀賞を逃してしまいましたが、吹奏楽コンクールってこんなに燃えるものなんだ!と思った記憶があります。

 

呪文と踊り

新品価格
¥250から
(2019/4/23 22:46時点)

平成14年 鼻の手術をする

幼少期からのアレルギー性鼻炎でたるみきっていた鼻の粘膜と鼻中隔湾曲症の鼻の軟骨を切除する手術を受けました。
事前の止血テストは問題なかったのですが、いざ手術してみると血が止まらず、鼻に何度もガーゼを詰め替える作業が地獄のようでした。人生で一番つらかったです。
結局ガーゼではダメという判断となり、ゴムのチューブで止血することとなりました。
ちなみにこの時に血液製剤を点滴されたため、一生献血できない身体となりました。

 

平成18年 初めて吹奏楽コンクールで県大会を突破する

これは高校3年生の時です。
典型的な地方の自称進学校の高校生でしたが、勉強を犠牲にして部活に励んでいた記憶があります。個人的には初めての県大会突破でしたが、学校としては確か14年ぶりだったと記憶しています。
県大会の時に結果発表の時に部長の女の子が壇上で号泣していたのが忘れられません。
(そして僕ももらい泣きしました)

 

Japan’s Best for 2006(高等学校編) [DVD]

新品価格
¥7,333から
(2019/4/23 22:47時点)

平成22年 ゲイとしてデビューする

この時大学4年生で、部活も引退して、自分の時間も多少は持てるようになった時だったと思います。きっかけは昔あった”メンミク”と呼ばれるゲイ向けのSNS某巨大掲示板経由で始めたときに、たまたま見つけた知り合いにゲイバーに連れて行ったもらったことがきっかけです。
まぁ、そのあとはいろいろ出会いとか試みてはみたんですけど、カッコよくなかったので、邪険にされて終わりだったんですけどネ。

 

平成25年 就職と地元を離れる

それだけ。とくになし。

 

平成28年 発達障害の診断を受ける

地元にいたときも発達障害の本を読んではみて、なんか自分に当てはまるな~とは思ったんですけど、母親からは「またヘンな本を読んで、自分に当てはめて!」と一蹴されて、それっきりだったんですけど、やっぱり社会人生活うまくいかないナァ、なんて感じていたので、発達障害を診てくれて、土曜日も診断してくれて、特に予約もいらない病院を探して行ってみたら、即診断が下りました。
中程度のADHDと軽度のアスペルガーとのこと。すぐにエビリファイコンサータが出ました。
それからは二次障害も発症していたみたいで、クスリもどんどん増え、結局今では立派なコンサータ72㎎&サインバルタ60㎎男になってしまいました。トホホ。

 

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

新品価格
¥1,512から
(2019/4/23 22:49時点)

平成30年 三十路となる

イヤですネ。三十路。
この年齢って腹をくくって「オッサンになるぞ!」って決心しないと、”見た目と身体だけが老いて、中身が幼い謎の人物”になってしまうので。
この話を会社のパイセンにしたら、「そんな人いっぱいいるから大丈夫だよ」って言われたんだすけど、それは大丈夫じゃないと思うんですよ。日本の危機。
なので、頑張って徐々にでもどこに出しても恥ずかしくないオッサンになりたいと思います。応援してください。

 

 

というわけで、今回のエントリは以上です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

また次回もお会いできるのを楽しみにしております。

 

環境が変わり 疲れを感じているとき

 

環境が変わることが多い春は、知らないうちに疲れがたまりがちです。

そのようなときに役に立つ、ストレスの対処法「SOC」を紹介したいと思います。

 

人事異動等のストレスにうまく対処するには?

 人事異動や転職、就職など、環境の変化にはストレスがつきものです。慣れない仕事に戸惑ってしまい、心の疲れを感じることもあるかと思います。

 心の健康を保つには、こうしたストレスに上手に対処することが肝要です。その時のキーポイントとなるのが、昨今、注目されているストレス対処能力「SOC」です。これは、ストレスのかかる環境にいても元気でいられる人はSOCが高く、そうでない人はSOCが低い、という考え方になります。

※S=Sense(感覚)
 O=of
 C=Coherence(一貫性)

 

X子さんの事例

 5年間勤めた総務部から、営業部に異動となったX子さん。慣れない仕事に戸惑ってしまい、思うように仕事をこなすことができなくなってしまいました。同僚が優秀な成果を上げているのを見ると焦りがつのり、「自分には能力はないのではないか…」と悩むように。最近では熟睡もままならず、疲れが取れない日々が続くようになりました。

 

ストレス対処能力
SOC(首尾一貫感覚)とは

SOCは、下記の3つの感覚で構成されています。

①わかる感・・・状況を把握し、先を見通す力

②できる感・・・何とかなると考える力

③やるぞ感・・・ストレスに対処することに意味ややりがいを見出す力

ストレスに強くなるためには、この3つの感覚を高めることがポイントとなります。次のコツをヒントに、SOCを高める思考法を身につけたいものです。

 

SOCを高めてストレスに強くなるコツ

Sense1 ”わかる感”を高める

 ストレスを感じる出来事が起きたら、原因をきちんと把握することです。X子さんは「同僚と同じように成果を上げる」というはっきりしない目標が、自分自身を追い詰めていたことに気づきます。
 そんな時は、「売り上げを3%上げる」などという現状に見合った新しい目標を立て、そのために今できることを整理すれば、先を見通せることになるでしょう。

 

Sense2 ”できる感”を高める

 過去に成功した経験や努力してきたことなどを思い出し、自信を高めるのも有効な方法です。X子さんの場合、以前の部署でも、仕事を覚えるまでは大変だったことを思い出せば、「今回もきっと乗り越えられる」と思えるようになります。
 また、同僚や上司に相談するなど、まわりのサポートを上手に活かすことで、精神的に追い詰められることを避けることができるでしょう。

 

Sense3 ”やるぞ感”を高める

 目標が具体的になったら、「私が手にするものは何だろうか」と自分に問いかけてみましょう。目標達成の意味を明確にすることが、あきらめずにストレスと向き合う原動力となります。
 X子さんの場合は「新しい仕事を覚え、人間関係を広げることは、自分を成長させるよい機会」と考えることで、仕事への意欲を取り戻すことができます。

 

ストレス対処力SOC: 健康を生成し健康に生きる力とその応用

新品価格
¥2,808から
(2019/4/18 23:01時点)

保守雑誌感想文【2019年4月】

 

いつも大変お世話になっております。

はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやらせていただいております、ノロい人でございます。

早速ではありますが、今回のエントリも月に一回の保守雑誌感想文になります。

最後までお付き合いいただけましたら、幸いでございます。

 

運と徳

僕の会社でとっている保守雑誌の2019年4月号のテーマは”運と徳”ということです。東洋の古典は一致して徳と運は相関している、と説いているのだそうですが、僕は個人的に運というものはあくまでも「特定条件の下での確率のばらつき」であって、徳の高い人物であろうが、低い人物であろうが、ばらつき(偶然誤差)を制御することはできないんじゃないのかナァ、なんてひねくれた見方をしてしまいました。
しかしながら、かたより(系統誤差)に関しては徳の高い・低いが関係するのではないかという見方もできるのではないのでしょうか。

ではどうすれば、徳を高めることができるのかということについては、『論語』にヒントがあるといいます。

 まずやるべきことをやる。それによってどんな報酬があるかを考えるのは後回しにする。それが徳を高めることになる。自分のよくないところを攻めて、人のよくないところは攻めない。それが自分の中に潜んでいる悪を修めていくことになる。

 一方で、徳を高めるには徳を損なう道があることも知っておかなければなりません。『孟子』の言葉に触れておきましょう。

 自らを暴(そこな)う者はやけくそになる者。自ら棄つる者は捨て鉢になる者。そのような者とはともに語り、為すことはできないというのだ。自暴自棄になる時、運命は坂道を転げ落ちるように悪くなる。

 

人間の二つの分かれ道

建築家の隈研吾氏と北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹氏の対談より。

栗山監督は、苦しい時にそれを不満に思うか、ありがたいと思って乗り越えるか、この二つの違いは大きいと話します。

隈氏も同様に「何でこんなことをやらないといけないのか」と思う人と、「これは自分にとってチャンスになるかもしれない」と思える人とでは、同様の経験をしても全く逆の結果が生まれると言います。

どんな仕事でもそうですが、いいものを作ろうとすると必ずどんな役割の人でも、誰かからうるさいことを言われたり、人と衝突する羽目になったり、勝手な要望を突き付けられたり、トラブル(?)に見舞われるものだと思います。
そのようなときこそ、ネガティブではなくポジティブに、「もしかしたら、これはもっといいものを作り上げるヒントをもらえているのかもしれない」と考えることのできるようになりたいものです。

 

徳の積み方

一般社団法人大地が教えてくれたこと理事 村上貴仁氏 インタビューより。

 徳を積むといっても、特別なボランティアをする必要はありません。例えば、私はスーパーの駐車場に車を停める時、なるべくお店から離れた場所に停めるんです。私は健常で重たい物を運んでも全然平気なので、もっと近い場所が必要な方に譲ってあげたいんです。徳というのはそんなシンプルなことで積めると思うんですよ。

僕たちは「徳を積む」と言われると、何か特別なボランティアや修行といったヘヴィなことを想像しがちですが、このようなシンプルなことでも徳を積めるといわれると、グッと身近なことのように感じられませんか?村上氏は五体満足な健常者であることを活かしていますが、僕たちはそれぞれ活かせるものを使ってヘヴィなことではなくとも、シンプルに徳を積んでいけたら人生がもっと豊かになるのではないでしょうか。

 

大地がよろこぶ「ありがとう」の奇跡

新品価格
¥1,512から
(2019/4/17 01:06時点)

 

今回のエントリはここまでになります。

最後までお付き合いいただきました皆様、どうもありがとうございました。

それではまた、次回もお会いしましょう!

See you again!

 

 

 

保守雑誌感想文【2019年3月】

 

平素より大変お世話になっております。

わたくし、はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやらせていただいております、ノロい人と申します。

しばらくご無沙汰しておりました。

早速ではございますが、今回のエントリは保守雑誌感想文になります。

最後までお付き合いいただけましたら、幸いでございます。

 

 志ある者、事竟に成る

2019年3月号の保守雑誌のテーマは”志ある者、事竟に成る”ということで、これは歴史書後漢書』にある言葉です。意味としては、「堅い志を持つ者は、いかなる困難に遭っても必ずその志を成し遂げる」ということになります。
昔から今まで、この言葉に感銘を受け、心を鼓舞された人は数知れません。ノーベル賞を受賞された本庶佑さんもそのお一人でしょう。ノーベル賞の賞金をもとに後進を育成すべく設立された財団を「有志竟成」と名付けられたところに、それがはっきりと表れています。

 

人に拍手しているだけの自分でいいのか

フジテレビのアナウンサーから弁護士に転身された菊間千乃さんの言葉です。これは谷亮子選手がオリンピックで金メダルを獲得した瞬間を数メートル傍で見ることができ、感動した反面、自分に対してはこのように思ったといいます。
僕自身も、会社の中で営業や技術系の社員たちが表彰されるのを見て、「エラいナァ」と思うと同時に、自分も表彰されるようじゃなきゃダメだよな、と思うことがありました。
人に拍手しているだけの自分じゃダメなんです。結果を出さなきゃダメなんです。

 

私が弁護士になるまで (文春文庫)

新品価格
¥594から
(2019/4/14 00:31時点)

「良い・悪い」を短絡的に決めない

NHKアナウンサー村上信夫氏にこのようなことを言ったお寺の住職がいたそうです。

「村上君、NHKのアナウンサーはすぐ『良い天気』とか『悪い天気』とか言うよね?」

(略)

「自分にとって良いか悪いかを考えていっているんだろう。例えば、富山は米どころだから、農家の人たちが『雨降らないかな』と思っている時に、能天気なアナウンサーが『きょうの富山は雲一つない良い天気でよかったですね』って言っていたらどう思う?」

この話は天気予報の話ですが、それに限らず自分の考えだけで短絡的に良し悪しを決めつけてはいけません。これからますますダイバーシティ(多様性)が言われる時代になっていくでしょうから、人の立場もそれに応じてますます多様化していくことでしょう。ですから、それぞれの立場の人のことを慮って言葉を取捨選択することが必須になっていくのではないのでしょうか。
この例から、「良い、悪い」については軽率に口に出すべきではないでしょうし、言葉を受け取る相手の立場や気持ちを考えながら話すように心がけなくてはいけません。

 

 

以上、2019年3月号の保守雑誌感想文はここまでにしたいと思います。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

それでは、また次回もお会いしましょう!