ホウ砂に吹かれて

コンサータ72mg男が書きたいことを書きたいときに書くブログ

講評の書き方について

 

 

 

いつも大変お世話になっております。

ノロい人でございます。

今回は吹奏楽コンクールの講評についての内容になります。

吹奏楽に興味のある方はそのまま読んでいただいて、

吹奏楽なんてわかんないや、という方は、ブログや各種文章を

書く上で参考になるかもしれませんので、そのまま読んでいただき

たいと思います。

 

 

会社のお盆休みの時に、実家の自分の部屋を漁っていたら、

僕が小学生の時に購入した吹奏楽雑誌「バンドジャーナル」

音楽之友社)の1999年1月号が出てきまして、読んでいたら、

鈴木竹男先生の吹奏楽コンクールの講評についての記事に

関心を持ったので、ここでその内容を紹介してみたいと

思います。

 

その記事を書かれた鈴木竹男先生という方は、

吹奏楽の魔術師」とも呼ばれた方で、関西職場バンドの

雄であります、阪急百貨店吹奏楽団を率いてこられた偉大な

先生でございます。

(鈴木竹男先生についてはこちらのページも御覧ください)

↓↓↓

吹奏楽の魔術師 2005.4.6.: 橋本音源堂

ameblo.jp

 

さて、鈴木竹男先生の書いた吹奏楽コンクールの講評についての

記事の内容というのが、一言で言うと、

「審査員の先生方には、しっかりした

内容の講評を書いていただきたい」

ということを、具体例を交えて書かれていました。

ここから、その内容について紹介していきたいと思います。

 

岩井直溥NEW RECORDING collections No.3 THE POPS

新品価格
¥3,024から
(2017/11/13 22:56時点)

1.モノは言いよう

「金賞を意識しての演奏で、冷たく、温かさが感じられない」

こういった講評を書いてくる審査員がいたようです。

いや~、なかなかキツい表現ですネ。確かに、審査員の立場としては、

点数稼ぎのつまらない演奏だったのでしょう。

それでも、鈴木先生は「コンクールに出て金賞を目指さないバンドはない」と

した上で、「金賞を目指すこと」と「音楽の表現力」は別の話であると問題を

切り分けています。

そのバンドの演奏が問題だったかもしれないことを認めつつ、

鈴木先生「審査員の文章力・表現力の不足」を指摘していました。

ちなみに、鈴木先生としては、

機械的で、感情が表現しきれない演奏」

という書き方であれば、関係者も反省・納得できるのではないかと

しています。

(僕もこの書き方であれば適切だと思います。激しく同意です)

 

吹奏楽 20選

新品価格
¥0から
(2017/11/14 06:49時点)

 

2.ユーモアはほどほどに

鈴木先生は審査員のこのような講評の書き方にも苦言を

呈されていました。

「素晴らしいソロ!座ブトン3枚あげてください!」

スゴいですネ。別に僕は熱心な笑点大喜利の視聴者ではありませんが、

司会者が座布団3枚をあげているところなんてめったに見たことはありません。

よほど素晴らしいソロの演奏だったのでしょう。

しかし、鈴木先生の考えとしては緊張をほぐしてあげたいという、

審査員の配慮については一定の理解を示しながらも、このような表現は

コンクールの場には相応しくないとして、「素晴らしいソロでした」だけで

十分なのではないかということです。

(僕個人としては、別にこういった書き方でもいいと思うんですけどネ。

ホメられた側としても、「やったー、あのXX先生から座布団3枚ももらえた―」

ってカンジで嬉しいでしょうし)

 

言葉もなく・・・ 昭和ウインド・シンフォニー【吹奏楽 CD】 OSBR-34001

価格:2,700円
(2017/11/13 22:51時点)
感想(0件)

 

3.書きっぱなしではなく、講評に教育的配慮を!

鈴木先生は審査員のこのような手厳しい講評にも意見を

述べられていました。

その内容がコチラです。↓↓↓

「どのように聴いてもチャイコフスキーの曲とは思えない」「作曲者がこの曲を書いた時、精神状態はかなり乱れていた。その異常さを演奏に表現すべきだろう」 

なかなか厳しい講評ですネ。このような講評に対して、鈴木先生

「けなす」だけで終わらない講評を、という風におっしゃっています。

では、「けなす」だけではなくどういったことが講評に求められている

のかというと、「どのようにすれば良くなるか」ということです。

どのように演奏すればチャイコフスキーの曲になるか、また、精神状態の不安定さ、異常さをどのように表現するのか、それを、指導助言してほしいのです。 

演奏に至らない点があれば、審査員として指摘するのは当然のことながら、

(プロのコンクールならまだしも、アマチュア相手に)講評の書きっぱなしは

よくないですよ、ということなのでしょう。

 

ちなみに、阪急百貨店吹奏楽団は1998年のコンクールでは、

チャイコフスキーの歌劇「雪娘」の「道化師の踊り」を

取り上げており、全国大会で金賞を受賞しております。

おそらく、先ほどの手厳しい講評はその年のコンクールでの

演奏に対して書かれたものなのではないかと思います。

全国大会で金賞を受賞するようなレベルの高い演奏に対しても、

あれだけ厳しい指摘がなされるというのは、僕にとって少し

驚きです。

指摘の内容も、「ピッチが合っていません」とか

アーティキュレーションが不正確です」というものであれば、

どうすればいいのかは大体分かりますが、

チャイコフスキーらしさ」とか「精神の不安定さ、異常さ」なんて

ことを言われたって、大半のアマチュアにとってはお手上げに

なってしまうでしょう。

しかし、「チャイコフスキーらしさ」とか「精神の不安定さ、異常さ」を

どうやって表現するかを講評に書くというのは、審査員にとっても

なかなかハードルが高い内容なのではないでしょうか。

 

マラゲニア

新品価格
¥2,808から
(2017/11/13 22:36時点)

 

4.生命を与える講評を

鈴木先生

「コンクールに出るのは、生命をカンナで削るようなものだ」  

という言葉を、とある指導者の言葉として紹介しています。

必死に練習に取り組んできたバンドのメンバーにとって、

落胆・失望の涙にくれるだけでなく、

(コンクールでは「全国大会金賞」という最高評価を得られない

バンドの方が圧倒的多数なワケですからネ)

次の目標に向かって、新しい力が湧くような講評をお願いしたいと

鈴木先生は締めくくっておられました。

 

全日本吹奏楽コンクール2016 Vol.2 中学校編2 [ (V.A.) ]

価格:2,008円
(2017/11/13 22:50時点)
感想(0件)

 

ということで、長くなってしまいましたが、この鈴木竹男先生の記事が

僕の中ですごく印象に残ったものですから、ここで紹介させていただきました。

僕が吹奏楽コンクールの審査員をやるなんてことはまずあり得ませんが、

これからブログを書いていくとき、何かを評する時にこういったことに

気をつけていきたいと思います。

 

ここまで、長いエントリにお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

それではまた、お会いしましょう!

See you again !

 

 

 

 

 

全日本吹奏楽コンクール2017 高等学校編

新品価格
¥2,592から
(2017/11/13 23:13時点)

 

 

全日本吹奏楽コンクール2017 Vol.6 高等学校編1 [ (V.A.) ]

価格:2,592円
(2017/11/13 23:14時点)
感想(0件)