ホウ砂に吹かれて

コンサータ72mg男が書きたいことを書きたいときに書くブログ

特茶のBGMって伊福部マーチに似てませんか?

www.youtube.com

 

いきなYouTubeの動画から貼ってしまったんですけど、

特茶のBGMって、伊福部昭氏のマーチを彷彿とさせませんか?

(特撮モノが好きな方はすぐにお気づきになったのでは

ないかと思います)

 

www.youtube.com

 

あまりにも曲調が似ているので、

特茶のBGMがゴジラでも使われているのではないかと

思っている方もいらっしゃるようです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

少し検索して調べてみると、

この特茶のBGMを作曲された中川俊郎氏は

やはり伊福部昭氏の作品を念頭に

曲を書いていたようです。

www.facebook.com

 

作曲家の伊福部昭氏といえばゴジラのテーマが

一番有名だと思います。

www.youtube.com

このテーマは僕も小さいころから耳にしていて、

良く慣れ親しんでいました。

 

しかし、伊福部昭氏のことを個別に認識したのは

中学生の時に「シンフォニア・タプカーラ」という

曲を知った時でした。

きっかけは吹奏楽コンクールの音源を集めていたときに、

(どうやって集めていたかはここでは書きません)

1998年の大津シンフォニックバンドの演奏を聴いて、

「なんて力強くて、かっこいい曲なんだ!」

と感心したことがきっかけでした。

www.youtube.com

この演奏は、吹奏楽コンクールの制限時間の問題で、

カットされていることがあとで分かったので、

カットされていない吹奏楽の音源ってないのかな~

なんて探していたら、高校生の時にやっとCDが

出たので、見つけ次第すぐに買った記憶があります。

(ちゃんと、原曲の管弦楽の演奏にも触れていますヨ。

今はYouTubeで聴けるので良い時代になったものです)

 

伊福部昭 吹奏楽作品集

中古価格
¥2,640から
(2017/8/19 23:51時点)

この音源は弦楽器の音をどうやってうまく表現しようか

というサックス奏者の方の苦労がうかがえる演奏で

なかなかの完成度だと思います。

(弦楽器の音を管楽器で再現することには批判もありますが…)

 

このほかにも、最近ではいろいろ音源が

YouTubeで聴ける(観れる?)ようになったので、

それぞれの音源を聴いて

「あっ、この曲ってこういうところもあったんだ!」

っていう再発見する楽しみ方もできるようになりました。

おいおい、YouTubeばっかりじゃねーか

 

ということで、今回は特茶のBGMから

吹奏楽編曲作品へと話が飛んでしまいましたが、

前々からこの話が出来る機会がないかと

思っていたところでしたので、

こうしてブログに書かせていただきました。

(なかなかこういう話が出来る人が身近にいなくて…)

 

それでは、また!

 

 

 

【新品】【CD】シン・ゴジラ音楽集 鷺巣詩郎 伊福部昭

価格:3,240円
(2017/8/20 00:19時点)
感想(0件)

 

伊福部昭百年紀vol.4

新品価格
¥3,000から
(2017/8/20 00:21時点)